【吉沢明歩】好色的な目でみていた社長は明歩に対し、借金と引き換えにとある提案を持ち掛ける…。